Skip to content

女子サッカーW杯決勝・なでしこvsアメリカ|アメリカは強かった。

今日は、女子サッカーW杯の決勝でした。
なでしこちゃんvsアメリカ。
前回のなでしこちゃんたちが優勝した決勝と同じカード。

もちろん応援しました。
キックオフは8時。
家で見ていたら仕事に間に合わないので、会社で見ようと思って早めに出勤しました。
せっかくの決勝だから・・・と思って。
会社じゃなくて、途中のスポーツカフェで見ました。

 

ちょっと家を出るのが遅れてしまってスポーツカフェに入った時にはキックオフから5分過ぎていました。
お店の中からは、悲鳴。

 

あれ?
どうした?

と思ったら、既に2点入っていました。

え・・・
どうしちゃったの?

 

あれよ、あれよ。
と言うまにアメリカに4点入れられてしまった日本。

どうしちゃったの?
決勝だから緊張してるの?
うまく体が動かないの?

 

このまま、ボコボコ入れられちゃったらどうしよう。

なんて思っていたのですが、なでしこちゃんたちは笑顔。
円陣組んで、気合を入れなおして。
そして、諦めずに走る。
だから、大好きです。
なでしこちゃんたち。

 

1点返した時には、

あと3点くらい返せちゃうんじゃないかしら?

って思わせてくれるなでしこちゃん。
ホント良いチームです。

 

結果、5-2で負けちゃいましたが。
諦めないで戦う姿に感動しました。
アメリカは強かったです。
ちょっと日本と差がありましたね。
でも、負けてしまって残念でしたが、ガッカリはしていません。
それはなでしこちゃんたちが全力で戦ってくれたってわかるからです。

 

これは、男子とは違いますねぇ。
男子は、

 

まだあれがやれたんじゃないか、あそこでああやればよかったんじゃないか。

って言いたいことが沢山出てきちゃうので。
負けた時は、悲しいというよりも腹立たしい時が多いです。
男子も全力でやってるのでしょうけど・・・
不思議です。

泣いてる選手を見るのは可哀想でしたが、今回でW杯は最後だと言っていた澤さんがスッキリした顔だったので安心しました。
なでしこちゃんたち、お疲れ様。
とても良い戦いを見せてくれてありがとう。